順張り・逆張りとは?

 

順張りと逆張り

これから外国為替相場がどう動くのか。バイナリーオプショントレーダーであれば日々その点だけに気持ちが集中していると言っても良いと思います。バイナリーオプションでは相場の細かな動きを予想する必要はありませんが、逆に狙った時間帯にどちらの方向へ強い圧力が掛かるかは確実に掴んでおきたいところです。

相場の向きは逆張りと順張りで考える

相場の方向性の予測をするにあたっては、そのトレーダーのタイプを大きく二つに分けることができます。それが「順張り」と「逆張り」です。順張りとはざっくり言ってしまえばこれまでの相場の流れの延長線上に今後の展開が待っているという考え方です。過去の値動きが上方向なのであれば、今後もしばらくは上方向に動き続けると読みますし、逆に方向感(トレンド)が下方向なのであればこれからも為替レートは下がり続けると考えるわけです。相場予測における最も一般的でオーソドックスなタイプがこの順張り派であり、チャート分析の基本を勉強することによってトレンドを的確に掴めるようになります。

一方逆張り派は、極端に言うと「相場の天底」を狙うタイプのトレーダーです。相場というのは常に上がりすぎと下がりすぎを繰り返しています。これは株式もそうですし、金や原油といった商品相場でも同様です。そして為替の世界でも相場は細かな上下を繰り返しながらある方向へと進んでいくわけです。

逆張り派はこの上げすぎ、下げすぎを的確に捕まえ、上げすぎに対しては下方向に、下げすぎに対しては上方向にポジションを構え利益をあげていきます。マスターするためにはオシレーター系と呼ばれるテクニカル分析をある程度自由に使いこなさなければならないためバイナリーオプションに対する熟練度がある程度要求されます。しかし、この逆張り戦法は特に60セカンズなどの短期取引と相性が良いため、調子の良い時は短時間で爆発的な利益を稼ぐこともできるのです。

バイナリーオプションは基本的に順張り

順張りと逆張りではどちらが優れているということは言えないのですが、これからバイナリーオプションの勉強をしようという方であればまずは順張り手法から軽く学んでみるのが良いでしょう。そして、チャートの見方にも慣れてきた頃から少しずつ逆張りのタイミングを計るトレーニングを始めるのが良いと思われます。順張りについては移動平均線やトレンドラインの勉強を特に入念に行いましょう。