移動平均線でシグナル発見!

 

移動平均線

移動平均線とは特定の期間の終値の平均値を連続して繋ぐことによって描画されるチャートです。例えば5日移動平均線であれば過去5日間の終値の平均値をチャート上にプロットし、その点をつないだものということになります。短いものでは5分間の移動平均というものもありますし、長いものであれば1ヶ月単位の移動平均線というものもあります。

相場の予測についてはテクニカル分析を行うのが一般的ですが、そこから生まれるテクニカル指標やシグナルを見極めるためにもこの移動平均線は重要な役割を果たします。移動平均線は過去の相場の動きをある程度一般化し、視覚的にその方向性や上下のボラティリティ(変動率)を掴みやすくしたものです。様々なテクニカル分析手法でその応用的な使い方が開発され、現在でも相場分析の基礎の基礎がこの移動平均線であると考えられているのです。

予想ポイントは「ゴールデンクロス」「デッドクロス」

移動平均線の利用方法として最も基本的なものは「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」です。これは時間軸の違う二種類の移動平均線を二本同時にチャート上に描画し、行う分析方法です。

まずゴールデンクロスはその後相場が上昇していく有力なシグナルとして知られています。ゴールデンクロスは時間軸の長い移動平均線を、時間軸の短い移動平均線が下から上へと抜いた瞬間のことを言います。この時、二本の移動平均線がどちらも上方向を剥いていればその精度は更に高まることになります。

またデッドクロスはゴールデンクロスの逆で相場が今後下落していくことを示唆するシグナルとなります。デッドクロスは時間軸の長い移動平均線を時間軸の短い移動平均線が上から下へと抜いた瞬間のことを言います。こちらも長短の移動平均線が両方共に下向きとなっていればかなりのトレードチャンスと言えるでしょう

いろいろ利用できる移動平均線

移動平均線の使い方は他にもあります。移動平均線はその名の通り過去の値動きの平均値で出来ていますから、現在の為替レートが移動平均線とどの程度乖離しているか、また、その乖離が大きくなっているのか小さくなっているのかによって、トレンドの強さを計ることができるのです。移動平均線も見慣れてくるとチャートをパッとひと目見ただけで状況を理解することが出来るようになります。毎日必ず複数の通貨ペアの移動平均線を、カヌな限り同じ時間帯、同じ時間軸で確認するようにしましょう。その積み重ねによってあなたの目は確実に鍛えられていきます。バイナリーオプションで確実に稼ぐためには日々の積み重ねが大切なのです。