ファンダメンタル分析とは?

 

ファンダメンタル分析

バイナリーオプションで勝つために、テクニカル分析と同じく重要なのがファンダメンタル分析です。ファンダメンタル分析は比較的長い期間の相場予想に使われます。テクニカル分析に比べてやや即効性については劣るのですが、的確なファンダメンタル分析による「予測」を根底に持ちつつトレードを行うと勝率にはっきりとした差が現れるのは事実です。正に縁の下の力持ち的存在なのがこのファンダメンタル分析であり、ベテラントレーダーであるほど、このファンダメンタル分析は重要視する傾向が強いのです。

経済指標・雇用統計の確認は必須

ファンダメンタル分析ではまず各国が定期的に発表している経済指標を材料として分析を行います。FXの経験がある人ならお馴染みかもしれませんが外国為替に関する情報を取り扱うサイトなどでは経済指標の発表カレンダーが記載されているケースも多く、他にもバイナリーオプション業者の公式サイトにもこのカレンダーは掲示されていますからまずは一度眺めてみることをオススメします。

カレンダーを見ると、毎日いろいろな国から本当にたくさんの経済指標が発表されていることがおわかりになると思います。始めはどの指標に注目すればよいのか迷ってしまうかもしれませんが、例えば米国雇用統計(失業率)やGDP、FOMC政策金利、日銀短観、CPIなどをチェックすればとりあえずは十分でしょう。これらの数字の推移を数年単位で確認すると、どの国の景気が良くて、どの国の景気が悪いのかがぼやーっとながら見えてくるはずです。長期的に見て景気が悪かったり、インフレ率の高い国の通貨は価値が低下する傾向があるのです

要人発言による相場への影響

各国の要人発言にも注意が必要です。例えば最近であればギリシャの債務問題がとても注目を浴びました。ギリシャがデフォルトするのか否か、ユーロ圏に留まり続けるのか否かが為替市場の最も大きなテーマになったわけですが、その際関心を集めたのがギリシャのチプラス首相やヴァルファキス(元)財務相、ドイツのメルケル首相、IMFのラガルド専務理事、ECBのドラギ総裁など要人からの発言でした。市場参加者は事件やニュースに対して今後どのような展開となるのかに大きな関心を寄せます。現在がどうであるかよりも未来の動きに対して敏感になっているのです。

このような状況では公式に発表される結果や数値というのは既に過去の物であるためあまり価値がありません。それよりもリアルタイムで進行している、そのまっただ中にいる要人の率直な意見が大きなカギとなるわけです。ファンダメンタル分析を詳しく知りたい方はコチラをチェックしてみてください。あなたの相場力アップに必ず貢献してくれるはずですよ。